四柱推命の運勢鑑定や、風水鑑定をする時に、ご質問が多い「陰陽五行説」。

今回はその中の「五行」について、簡単に説明しておきますね。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

五行について・・・

古代中国から生まれた考え方で陰陽説と五行説が結合し、「陰陽五行説」といわれています。
【陰陽説】は、現象・事物を陰と陽との働きによって説明し
【五行説】は、万物の根源を『木・火・土・金・水』の5つで表し、それぞれのの関係を相剋を使い説明している自然論です。

相生(そうじょう)の法則

【木】は【火】を生み
【火】は【土】を生み
【土】は【金】を生み
【金】は【水】を生み
【水】は【木】を生む

これを「相生」といいます。

「相性が良い」という言葉の語源と言われています。

相剋(そうこく)の法則

【木】は【土】を剋し
【土】は【水】を剋し
【水】は【火】を剋し
【火】は【金】を剋し
【金】は【木】を剋す

これを「相剋」と言います。

【木】は【土】から養分を取り、芽吹き成長していきます。
【土】は【水】を塞き止めます。
【水】は【火】を消します。
【火】は【金属】を溶かします。
【金属】は【木】を切ります。

こう表現すると、悪い関係のように感じますが、そうではありません。

【木】は土に根を張る事で、枯葉を落としそれが土の栄養になるので、土を有益なものにします。
【火】は金・銀・銅などの金属を加工し有益なものする。
【土】は洪水などで溢れる水をコントロールして、被害を少なくできる。
【金】は木が生い茂ってしまうと光が届かず、姿か形も良くないので整えるためにある。
【水】は燃え盛る火をコントロールして、火災などから被害を少なくするためにある

と考えると、「存在意義がある法則」といえますよね。